相続に関するトラブル


借地権の相続は専門的な知識や複雑な手続きなどがあることからトラブルが多いのが実情です。例えば、相続によって借地人が変わったことにより、地主の中には相続後に土地を貸すことを拒むケースがあります。ですが地主は相続が発生したからと言って土地の貸出を拒むことはできません。借地権を相続して引き継ぐことは借地権の譲渡にはあたらないことから、無断譲渡にはならず地主は一方的に契約を解除することはできません

兄弟また相続をする際に相続人が一人ではない場合は多くあります。借地権を兄弟や姉妹などで相続することも珍しくはありませんし、相続人が複数人いる場合は共同で借地権の相続をすることは可能です。ですが借地権を共同で相続すると借地の上にある建物の処分や管理を単独で決定することができなくなるなど借地権や建物について何らかの変更を行うときは非常に不便ですしトラブルのもとになる可能性もあります。借地権はできるだけ一人の単独所有としていることが理想です。

この他にも借地権については複雑な手続きなどが必要になることから借地権のみ相続を放棄したいと考える人もいるのではないでしょうか。もちろん借地権の相続を放棄することはできますが、基本的に相続は好きなものだけを選んで相続でできるというものではなく借地権の相続を放棄すると他の資産に関する相続も放棄することになります。

≪参考HP≫借地権相続相談_ピタットハウス

借地権と底地権の違い


スーツの男性借地権が出てくると一緒に出てくるのが底地権です。底地とは土地の上に借地権が設定されているものであり、底地権を所有しているのが土地の地主、借地権を所有しているのが土地を借りている借り主となります。一般的に所有権を持っている土地の所有者はその土地を自由に使用する権利を持っていることから売却など自由に行うことができますが、借地権のついている底地は地主であっても自由に使用することはできませんし、底地権がある以上借地人も土地を第三者に無断で売却するなど自由に使用することはできません。

借地権と底地権はそれぞれ1つを持っていても評価額が低いことから、底地権を借地人に買い取ってもらう、借地権を地主に買い取ってもらうなどして評価を上げることができます。借地権と底地権はカップとソーサーのような関係性であり、どちらもそれぞれ遺贈でなければ地主や借地人の許可なしに相続をすることができますが、遠方で管理することができない、借地権や底地権を売却したいという場合はそれぞれが交渉を行い借地権と底地権をセットにして売却するといった方法も取られています。

借地権や底地権の売買交渉や第三者への売却は、借地権や底地権に慣れている地主とそうでない借地人ではなかなか交渉がスムーズにいかない、底地権よりも借地権の方が法的に強力な権利を持っているといったことから底地取扱店など専門的な知識や経験が豊富なところに相談、依頼することでスムーズに交渉を進めることができます。

借地権が相続することができる


土地人が亡くなると資産などの相続が発生します。借地権の場合は借地権を持った人が亡くなると即俗人が建物や借地権を相続する際に地主の許可を得る必要はありません。さらに借地権に関する土地の賃貸契約書なども書き換える必要はなく、これまで通り借地権を所有している土地の上に建っている建物に住み続けることができます。

ただし、相続財産を法的に定められた相続人以外が借地権を相続する場合は遺贈となることから地主の許可が必要になり、承諾料や移転手続きなどが必要になります。場合によっては地主が承諾しないこともあり裁判所への申立により許可を得ることができますが、申立が却下されると遺贈することはできません。

相続した借地権を売却したいと考える相続人もいるのではないでしょうか。こういった場合は地主の許可があれば借地権を売却することができますが、まずは地主に借地権を買い取ってもらうことができるか交渉をすることになります。第三者に売却ができるのは地主が借地権の買い取りを拒否し、第三者への売却を許可する場合のみです。

土地を所有している地主と借地権を所有している借地人では、土地や借地権に関する知識や取引の経験などが違うことから、どうしても地主側に有利な交渉になることが多く、借地人としてはスムーズに交渉が進まないと感じる場合もあります。そんなときは借地権や底地権などを取り扱っている底地取扱店に相談することで交渉をスムーズに進めることができます。ここでは相続した借地権に関するトラブルなどについて紹介します。