借地権が相続することができる

  • 管理者
  • 2018-06-27
  • 未分類
  • 借地権が相続することができる はコメントを受け付けていません。

土地人が亡くなると資産などの相続が発生します。借地権の場合は借地権を持った人が亡くなると即俗人が建物や借地権を相続する際に地主の許可を得る必要はありません。さらに借地権に関する土地の賃貸契約書なども書き換える必要はなく、これまで通り借地権を所有している土地の上に建っている建物に住み続けることができます。

ただし、相続財産を法的に定められた相続人以外が借地権を相続する場合は遺贈となることから地主の許可が必要になり、承諾料や移転手続きなどが必要になります。場合によっては地主が承諾しないこともあり裁判所への申立により許可を得ることができますが、申立が却下されると遺贈することはできません。

相続した借地権を売却したいと考える相続人もいるのではないでしょうか。こういった場合は地主の許可があれば借地権を売却することができますが、まずは地主に借地権を買い取ってもらうことができるか交渉をすることになります。第三者に売却ができるのは地主が借地権の買い取りを拒否し、第三者への売却を許可する場合のみです。

土地を所有している地主と借地権を所有している借地人では、土地や借地権に関する知識や取引の経験などが違うことから、どうしても地主側に有利な交渉になることが多く、借地人としてはスムーズに交渉が進まないと感じる場合もあります。そんなときは借地権や底地権などを取り扱っている底地取扱店に相談することで交渉をスムーズに進めることができます。ここでは相続した借地権に関するトラブルなどについて紹介します。